神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
  理念・アドミッションポリシー
  カリキュラム
  シラバス
  奨学制度
  修了者等の進路
研究分野紹介
  入試案内
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
附属施設・関連組織
学内専用
TOP
  TOP大学院医学研究科研究分野紹介
研究分野紹介
 
発生・再生の根幹となる遺伝子のエピジェネティック制御、および、細胞が組織・器官を構築するしくみを研究する。
  発生・再生医学オリジナルホームページへ
■指導教員 指導教員:客員教授 竹市 雅俊 (たけいち まさとし)
E−mail:
住所:神戸市中央区港島南町2-2-3
電話:078-306-3116  Fax:078-306-3118
     
■その他の連絡先   担当 : 客員准教授 平谷 伊智朗 (ひらたに いちろう)
E−mail:
電話:078-306-3179  Fax:078-306-3181
     
    担当 : 客員教授 辻 孝(つじ たかし)
E−mail:
電話:078-306-3447  Fax:078-306-3449
     
    担当 : 客員教授 古田 泰秀 (ふるた やすひで)
E−mail:
電話:078-306-0106  Fax:078-306-3337
     
    担当 : 客員准教授 Yoo Sa Kan(ゆ さがん)
E−mail:
電話:078-306-3151  Fax:
   
これからの研究目標・回覧者へのメッセージ
  国立行政法人理化学研究所・多細胞システム形成研究センター (神戸市中央区)にて研究を行います。恵まれた環境の中、最先端のサイエンスに触れて思う存分研究ができる講座です。興味のある方は遠慮なくご連絡下さい。
   
概要
 

(1)エピジェネティクスの新たなパラダイムとしてゲノム染色体の三次元的高次構造に着目し、その発生制御の様式をES細胞分化の系をモデルにHi-C等の方法でゲノムワイドに調べ、その意義と機構を研究する。詳しくはこちら

(2)多細胞体は細胞接着分子と細胞骨格の連携によって構築される。その体制の破綻は、形体形成異常やがん転移などを引き起こす。接着や骨格分子の働きを研究して組織・器官の形成の仕組みを明らかにすると共に、その形成異常の原因を究明する。詳しくはこちら
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.