神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
  理念・アドミッションポリシー
  カリキュラム
  シラバス
  奨学制度
  修了者等の進路
研究分野紹介
  入試案内
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
附属施設・関連組織
学内専用
TOP
  TOP大学院医学研究科研究分野紹介
研究分野紹介
 
X線結晶解析・NMR法による蛋白質高次構造解析や遺伝子改変マウス等の技術を用いて発癌や発生分化に関わる細胞内シグナル伝達の研究を行っている。
分子生物学オリジナルホームページへ
■指導教員 教授 片岡 徹 (かたおか とおる)
E−mail :
     
■連絡先   電話 : 078-382-5385  Fax : 078-382-5399
担当 : 教授 片岡 徹 (かたおか とおる)
E−mail :
   
これからの研究目標・回覧者へのメッセージ
  分子生物学的・構造科学的手法を駆使し、Rasの新規高次構造の解明と新規標的蛋白質の機能解析を行ってきた。これら成果に基づいて、Rasを介するシグナル伝達系を分子標的としたインシリコ創薬をめざしている。学生、研究者、企業のご参加を歓迎します。
   
概要
  癌遺伝子産物の関わる細胞増殖シグナル伝達機構の解明を通じ、それを分子標的とした抗癌剤の開発を目指している。特に、(1)遺伝子改変マウスを用いたRas/Rapの標的蛋白質PLCεとRA-GEFの発癌における機能解析、(2)Ras/Rap及びその標的蛋白質の高次構造解析とインシリコ創薬、(3)RhoファミリーG蛋白質の調節機構と細胞内機能の解析を行っている。
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.