神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
  理念・アドミッションポリシー
  カリキュラム
  シラバス
  奨学制度
  修了者等の進路
研究分野紹介
  入試案内
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
附属施設・関連組織
学内専用
TOP
  TOP大学院医学研究科研究分野紹介
研究分野紹介
 
薬理学分野では、認知や感情など高次脳機能やその破綻を担う分子・神経回路基盤を解明し、精神疾患の病態解明や創薬に貢献することを目指します。
薬理学オリジナルホームページへ
■指導教員 教授 古屋敷 智之(ふるやしき ともゆき)
E−mail :
     
■連絡先   電話 : 078-382-5443  Fax : 078-382-5459
担当 : 教授 古屋敷 智之(ふるやしき ともゆき)
E−mail :
   
これからの研究目標・回覧者へのメッセージ
  社会や環境からストレスを受けると、鬱や不安が生じ、思考力や集中力が低下します。当分野では、このストレスによる認知情動変化のメカニズムを解明し、精神疾患創薬に貢献したいと考えています。このような研究に挑戦したい方はぜひご連絡下さい。
   
概要
  これまで我々は、ストレスによる行動変化にモノアミンを介した前頭前皮質の機能構造変化や炎症関連分子を介した神経グリア相互作用が重要であることを示し、現在その分子実体や神経回路への影響を調べています。一般的な神経薬理学の研究手法に加え、組換えウイルスやセルソート等を用いた最新の手法も開発・導入しています。精神疾患創薬のための細胞アッセイ系の確立も試みています。
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.