神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
  理念・アドミッションポリシー
  カリキュラム
  シラバス
  奨学制度
  修了者等の進路
研究分野紹介
  入試案内
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
附属施設・関連組織
学内専用
TOP
  TOP大学院医学研究科研究分野紹介
研究分野紹介
 
 肝胆膵外科では肝細胞癌、転移性肝癌、胆管癌、膵臓癌などの腹部悪性腫瘍に対する外科的治療と重症末期肝疾患に対する肝移植やI型糖尿病に対する膵臓・膵島移植などの先進的治療を行なっています。
 外科学講座オリジナルホームページへ
 肝胆膵外科学オリジナルホームページへ
■指導教員 教授 掛地 吉弘 (かけじ よしひろ)
E−mail :
     
■連絡先   電話 : 078-382-6302  Fax : 078-382-6307
担当 : 准教授 福本 巧 (ふくもと たくみ)
E−mail :
   
これからの研究目標・回覧者へのメッセージ
  肝灌流化学療法をはじめ、肝移植、膵・膵島移植、再生、分子標的、重粒子線などの最新の治療技術を駆使し、世界最先端の難治性肝胆膵疾患に対する診療をさらに発展させたいと考えています。
   
概要
  肝癌治療では独自技術である肝灌流化学療法を肝移植や既存の治療法と組み合わせ、超進行例でも2年を超える生存が可能。膵癌治療では、手術、化学療法、重粒子線治療などを病態により組み合わせた集学的治療を施行。悪性度の低い疾患では積極的に腹腔鏡下手術を実施。移植治療では肝移植、膵臓移植、膵島移植が施行できる国内有数の施設で良好な治療成績を得る。
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.