神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
  ようこそ神戸大学医学部へ
  使命・理念・アドミッションポリシー
  カリキュラム
  コンピテンス
  シラバス
  教育研究分野の紹介
  附属病院紹介
先輩からのメッセージ
  キャンパスライフ
  海外派遣
  入試案内
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
附属施設・関連組織
学内専用
TOP
  TOP医学部
先輩からのメッセージ
 
海外派遣研修プログラム アメリカ
医学科 平成20年度入学 斎藤彩
(派遣期間 H24.4/1〜4/28)
   ハワイ、と聞いてみなさんはどのような光景を思い浮かべるでしょうか。青いビーチ、晴れた空、たくさんの観光客…。私自身、そんな楽しい想像を膨らませながら、せっかく海外実習に行くなら素敵な場所がいい、と今思えば何とも安易な理由でハワイでの実習を選んでしまったのは事実です。そして初めてのハワイに胸を躍らせながら到着したのは観光地からは遠く離れた住宅地にある病院。時差ぼけが治る間もなく翌日朝4時から実習開始。毎日朝4時起床、夜10時就寝という何とも健康的な生活を送り、4週間の滞在期間中に海を見たのは数えるくらい、という当初の想像からはかけ離れたハワイ経験となりました。しかしながら、いわゆる「観光地ハワイ」とは全く違う、地元の人たちの普段の生活の中に根差した病院での医療を朝から晩まで体験することで、これまで知識として学んできたプライマリ・ケアとはいかなるものなのかを実感として得ることができたのではと思います。特に家庭医の先生のもとで過ごす一週間は学ぶことがあまりに多く、まさに何物にも代えがたいという言葉がふさわしい体験となりました。家庭医の第一人者として活躍される先生の膨大な経験と知識は圧巻であり、毎朝コーヒーを片手に先生のお話を聞くことが何よりの楽しみという、忙しいながらも優雅な日々を過ごさせていただきました。最近では日本でもプライマリ・ケアの重要性に対する認識が高まっており、わざわざ海外まで行かなくともプライマリ・ケアの初歩を学ぶ機会は日本でもたくさんあるのかもしれません。しかし、青く晴れ渡った空の広がる暖かい土地に思い切って飛び出してみるのも悪くないですよ。他では決して得られない貴重な経験として学生生活の記憶に刻み込まれること請け合いです。週末にはビーチにも出かけられる、かもしれません。常夏の国での楽しい想像を膨らませつつ、青い空の下で思いっきり勉強するという不思議な体験をぜひ満喫してみてください。
 
海外派遣研修プログラム アメリカ



医学科 平成21年度入学 向山知佑
(派遣期間 H26.4.28〜5.2)
   僕が実習先にアメリカの病院を選んだのは、「観察」が目的です。何を観察するかというと、アメリカの日常です。よってFamily Medicineへの興味というよりは、アメリカの医者はどんな働き方をしているんだろうか、病院はどんなシステムで回ってるんだろうか、どんな教育がなされているんだろうかという疑問を自分なりに解決することが目的でした。そしてそれは1週間という短い実習でも十分に達成できました。USMLEのテキストを読んだり、アメリカで実習をしてきた友人の話を聞いたり、その他知り得る色んな情報から、アメリカの医学教育・研修は素晴らしい、それに比べて日本は詰め込みばかりで…なんて思っていました。でもちょっと待てよ、と思わせてくれたのが今回の実習です。確かにアメリカの医療は素晴らしい。合理的で、無駄がなく、働き方も進んでいます。でもこれは、利益を生み出す、結果を得ることを目的とし、富める者は富むべしという合理主義・資本主義の典型であるアメリカにフィットしているからこそ素晴らしいのであって、勤勉性を美徳とし、時に利益を後回しにするような日本でやるとえらいことになるだろう。個を重んじ、議論することを厭わない欧米人たちの作ったシステムが、和を重んじ、察することを前提とする日本の風土に合うだろうか。そんなことを考えさせられました。だから実習を終えた今僕が考えるのは、アメリカの良いところを盗んで、日本の医療に応用すべきだということです。丸ごとマネしてはダメです。日本はアメリカという大国と違って他のシステムを飲み込んで運用するだけの胃を持っていません。だから何をどう応用すべきか考えるためにアメリカで働いてみるのは価値があるなと思いました。こういった作業は本来日本人の得意芸であり、明治維新以降の近代化や、カタカナ語の使用などに見られるように常に「異物」を自国文化に合う形に変換してきた国民にとって最良の道であるように思われるからです。
   仰々しい話をしてしまいましたが、目的は人それぞれです。但し目的は持たねばいけません。UPMCの実習の良いところは、たった1人で行くことです。農耕民族の癖で、日本人同士で行くと確実に群れてしまいます。行くからには、どっぷりとアメリカに浸かってください。僕は1週間の実習に加え、1週間ワシントンDCとNYを旅しました。実習の1週間は結構忙しく、疲れも溜まるのでどうしてもホテル・病院・レストランの往復になってしまいます。だから是非もう1週間以上観光の時間を確保してください。きっと視野が広くなり教養が豊かになります。アメリカ人と同じものを食べ、同じ場所で寝て、同じ場所で糞をしてください。多様性や常識の違いに翻弄されながらアメリカ人とは何か理解しようとしてください。それを乗り越えると日本人とは何かが見えてきて、アイデンティティを再確認でき、愛国心が湧きます。これは少し欧米かぶれしていた僕にとって大きなことでした。なぜ彼らは底抜けにフレンドリーなのか、なぜ声が大きいのか、なぜ公園でくつろぐのか。色んな疑問を抱きながら、観光してください。そうするとそれは単なる観光以上のものへと変わるでしょう。
 
海外派遣研修プログラム シンガポール (シンガポール国立大学)



医学科 平成22年度入学 齊藤裕美
(派遣期間 H26.4.7〜5.2)
   私は海外派遣研修プログラムを通じ,シンガポールの感染症内科で4週間実習する機会をいただきました。実習した病院はSARSの時に大活躍した地元ではとても有名なTan Tock Seng Hospitalです。
   そこでの実習は日本ではあまり見られない疾患を診ることができ、大変充実していました。土地柄、デング熱の患者さんが4-5人は常に入院されていましたし、実習先がHIV指定病院だったこともあり、HIV外来には毎日午後だけで15-20人ほどの患者さんが来られていました。マラリアの患者さんは診る機会がなかったのですが、近年話題になっているMERS-CoV疑いの患者さんもいらしていました。
   しかし、もちろん異国での実習が万事うまくいくはずはなく、中国語訛り、マレー語混じりのSinglishでのmedical discussionを理解するのには苦労しました。初日などは聞くのに集中して、頭を使いすぎたのか、頭が痛くなったほどです。ただ多民族国家に住むシンガポール人の方々は英語が苦手な相手に慣れていて、とても辛抱強くこちらの英語を理解しようとしてくれますし、何度でも言い回しを変えて私に伝わる英語で丁寧に説明してくださいます。どの先生も親切で、気軽に質問できる雰囲気だったので、疾患のことのみならず、シンガポールの医学教育制度、保険制度について話を聞くこともできました。
   また世界各国で経験を積んでシンガポールで働いているドクターが非常に多く、日々の診療の中でも、イギリス、オーストラリア、アメリカ、東南アジア諸国などの事情もシンガポールの医療事情と比較し、ディスカッションが行われていて、一つの国にいながら多くの国の話が聞けたのもシンガポールで実習して良かったと思うことの一つです。
   現在、交通機関の発達により、人の移動が非常に容易になっており、今後世界はますます小さくなっていくことと予想されます。日本にもより多くの外国人が来て、日本からも海外に出ていく人が増えるとなると、今まで日本であまり見なかった疾患を診る機会も増えると思うので、その際には是非今回のシンガポールでの実習で学んだことを活かし、社会に貢献できればと思います。
海外派遣研修プログラム マレーシア (国際医療大学)



医学科 平成21年度入学 三木綾子
(派遣期間 H26.3.31〜4.18)
   私は、マレーシアの国際医療大学(IMU)の内科で3週間実習をさせていただきました。
   最終学年のクラスに入れていただき、毎日病棟回診や授業に参加しました。患者さんはマレー語しか話せない方がほとんどですが、学生が通訳してくれて、医療面接や診察をする機会も与えてもらいました。また、典型的な症例や興味深い症例があると、学生が空いている時間に率先して診せてくれました。
   回診では、先生が診察の仕方や患者さんとのコミュニケーションの取り方まで細かく丁寧に教えてくださり、ベッドサイドでの学習に重点が置かれているなと強く感じました。また、症候から考えるという学習をしていて、活きた知識を持っているように思いました。
   授業では、学生が積極的に発言し、ディスカッションがいつも熱く、喧嘩になるのではないかとひやひやすることもあるほどでした。プレゼンテーションも自主的に取り組んでいて、自分の勉強したことをクラスメートにわかりやすく伝えようという気持ちが強く感じられ、刺激を受けました。
   週末や授業後には学生が食事やナイトマーケットや観光に連れていってくれて、とても楽しく過ごせました。マレーシアは多民族国家ということもあり、中国語・英語・マレー語などいくつかの言語を当たり前のように話すので、自分が英語でコミュニケーションをとるのにも苦労しているのを恥ずかしく思いました。また、学生は中華系が多く、マレー人を優遇する政府についてどう考えているかなど、様々なことを聞くことができました。
   独特の訛りに最初は戸惑い、不安もありましたが、親切な人ばかりでマレーシアが大好きになりました。海外実習という機会をいただいて、自分がどれほど日本のことを知らないかということを痛感しました。また、マレーシアの学生が、将来医師として働く者としての責任感を持って患者さんに接し、学習している姿を見ることができ、尊敬したとともに、自分は5回生のBSLでも、学生だから…という甘えがあったように思い、自分を見つめなおすことができました。このような貴重な体験をさせてくださったすべての方に心から感謝申し上げます。
 
海外派遣研修プログラム タイ (マヒドン大学ラマチボディ病院)


医学科 平成22年度入学 建部将夫
(派遣期間 H26.4.7〜5.2)
   私は2014年4月7日から5月1日までの一か月間、タイのバンコクにあるマヒドン大学ラマチボディ病院で実習させていただきました。一か月のうち二週間は感染症科、残りの二週間は家庭医にて勉強させていただきました。私がなぜタイを留学先に選んだかというと、一つは英語力の向上です。タイでは医学生は英語の教科書を使って勉強しており、医師のほとんどは英語を自由に話すことができます。もう一つの理由は熱帯地方特有の感染症を勉強したいと考えたからです。
   感染症科では毎日回診に同行させていただき、各患者の状態や問題点、治療方針などを説明していただきました。そこにはたくさんのHIV患者が入院しており、多くの症例を経験することができました。日本ではほとんどHIV患者に接する機会がありませんでしたのでとても良い経験になりました。その他にも結核、サイトメガロウイルス感染症、ヒストプラズマ症など東南アジアに多い感染症にも触れることができました。
   家庭医では多くの講義や実習をさせていただきました。最も印象的だったのは往診です。日本では大学病院の医師が往診に行くことはありません。よって私はほとんど往診の経験がありませんでした。タイでは医師、看護師、ソーシャルワーカーなどのスタッフが一つのチームを作って往診に行きます。患者は様々な理由で入院、通院ができない方々です。私が同行したときの患者は認知症を患った高齢の女性でした。娘さんが介護を行っていたのですが、彼女自身も介護で精神的に疲れており、患者に対して何かをすることに対して恐怖心を抱いていました。そこで先生方は患者である高齢女性の処置をしつつ、娘さんとお話をじっくりとされていました。後にどういった話をしていたのか聞いたところ、娘さんは自分の主張ばかりしており精神的に不安定な状態だったので、落ち着かせつつ今後の方針に関してお話されていたそうです。その後娘さんは先生に教えてもらいながら患者の口の中の掃除を練習することができました。これはこの家族にとって大きな一歩だったと思います。また私はこのことから家庭医が対象とする患者は、患者本人だけでなく、その家族や周りにいる人々も含まれるということを知りました。
   今回の留学実習を通じて医学知識や語学力を向上させることができたと思います。またタイの文化にもたくさん触れることができ、人生経験という意味でも非常に良かったと思います。またタイの友人もたくさんでき、彼らとは現在も交流があります。これは私の人生の宝だと思います。
PageTop


チュートリアル
チュートリアル=画期的な勉強法??
医学科 平成20年度入学 小牧 遼平 shima  
  「医学科の勉強って相当大変でしょ?毎日忙しいでしょ?」
よく、言われます。実際、確かにそれなりに大変で忙しいですよ。なめてはいけません。テスト勉強のときには図書館にこもったり。こんな量覚えられないっていう子もいたりいなかったり。でも、なかには楽しい勉強時間もあります。自分一人で勉強するのはしんどいけど、友達と一緒なら嫌な勉強も楽しかったりしませんか?まさに、そんな機会を与えてくれるのがチュートリアルです。患者さんの疾患に対して、5〜6人で診断、検査、治療方針などを考える時間です(細かく言うと若干ちがうけどね)。「この患者さんは風邪かな?それともインフルエンザかな?」「じゃあ、その二つを区別するのにどんな検査をしたらいいかな?」ってな具合にディスカッション。楽しそうでしょ?これを一人で勉強すると全くおもしろくない。風邪とは、上気道感染で、くしゃみや鼻水を主症状とする疾患である。対して、インフルエンザとはせきや発熱に加えて全身症状を呈する疾患である、検査としては…などなどだらだら。こんなことを一人で黙々と覚えなくてはならない。全然おもしろくない。おもしろくないから勉強のモチベーションもあがらない。楽しくない。楽しくないから記憶にも定着しない。あー、いやだいやだもうやめたい。そんな悪循環に陥ってしまいます。しかし、このチュートリアルシステムによって僕たちは負のスパイラルから解放されるのです。
   しかも、チュートリアルではリアルの現場に近い考え方を学ぶことができます(先生談)。高校までの化学や数学や古文とは大違いではないですか(これらも大事なんだけどさ)。医者になったとき本当に必要な能力を学ぶことができます。こんなんやっても意味ないやん、なんて言わせません。そのおかげで僕ら4年生のモチベーションもうなぎのぼり。先生の策略にはまって勉強しちゃいます。でも、だれも文句は言いません。ハッピーハッピーな勉強ですから。ついでにプライベートでもいいことあってハッピーハッピー。
   最後に、風邪とインフルエンザを区別するための検査が気になっちゃった人に一言あります。ぜひ神戸大学医学部医学科で一緒に勉強しましょう。
PageTop


解剖実習
解剖学実習を通して学ばせて頂いたもの
 
医学科 平成21年度入学 西久保 雅司

 神戸大学では1回生は一般教養の学習が中心となり、本格的な医学の勉強は2回生から始まります。2回生に無事進級した私たちが、初めて接する医学の授業の中に「解剖学」という文字もありました。「解剖学」は、筋肉、神経、血管、臓器といった人体の構造について学ぶ授業であり、解剖学実習では、篤志家の方々のご遺体を、学生自身がメスとピンセットで以って解剖させていただきます。ここで「篤志家」とは、死後、医学教育のために自らの遺体を大学医学部に捧げる意思をもつボランティアのことを意味します。そして篤志家によるこのような尊い行為のことを「献体」といいます。
 解剖学実習は人体を実際に解剖させていただくという内容故に、心ない噂も一部流布されていると聞きます。例えば「遺体はホルマリンのプールで保管されている」等々です。とんでもない話で、医学教育のために提供してくださったお体を、そのように扱うことができるはずがありません。解剖学教室の先生や技官の方々が適切に防腐処置をしてくださったご遺体は、それぞれ丁寧に白布に包まれ、一体ごとに個別に保管庫に安置されて、解剖学実習まで保管されます。そして解剖学実習が始まると、私たち学生は毎日、実習を黙祷で始め、黙祷で終わるのです。
 人体は本当に精密にできています。従って私たちが学ぶべき解剖学の知識は本当に膨大です。しかし医学生として、多いからと言って投げだすわけにはいきません。臓器の位置や構造、血管の流れなどが分からない医師になるわけにはいかないからです。にもかかわらず、その膨大さ故にどれだけ教科書を読み、解剖図譜を眺めても、それらを記憶することは無論のこと、私にとっては人体の構造を理解することは全く不可能なことにしか思えませんでした。
 しかし実習が始まると、当初、未知の呪文のようであった解剖学の知識が少しずつ私の中で「生きた知識」となり、取り込まれていくのを感じました。解剖学のテキストを読んでも、実習が終わった範囲に関しては、自然と頭に入ってくるのです。それは自らの手でもって探り、見つけ、触れ、目に焼き付けた知識だからこそだと思います。
 このように解剖学実習は膨大な人体の知識を学ばせていただく本当に素晴らしい機会でした。そして単に知識だけでなく、献体して下さった方々のお体に触れることで、「自分は今医学部に通い、将来は医師となるんだ。人の命に責任を負うんだ。」ということを本当に実感しました。篤志家の方々、そして篤志家の方のご遺志を理解して献体に協力してくださったご遺族の方々には本当に感謝の思いでいっぱいです。







PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.